←戻る  ’2001 NewZealand   


2000年12月30日〜2001年1月9日 アルパインツアーサービス株式会社企画の、「ミルフォード・トラックとマウントクック11日間」に参加しました。
二人とも初めての海外トレッキングです。「世界一美しい散歩道」と言われる、全長55Kmのトレッキングコース「ミルフォードトラック」ニュージーランド最高峰「マウントクック」を見ながらのトレッキング、スキープレーンによる空からの氷河遊覧など、大自然を肌で感じた11日間でした。
その旅行記を作成しました。ご覧下さい。

《 ダイジェスト 》

12月30日
(晴れ)
茅野市出発 特急あずさ〜成田エクスプレス〜成田空港へ
夜の飛行機でニュージーランドへ・・・(機中泊)
12月31日
(曇り)
南島のクライストチャーチ着
国内線に乗り継ぎクイーンズタウンへ・・・(ガーデンズパークロイヤルホテル泊)
翌日から4日間にわたるトレッキングの説明を受ける。
そして、21世紀へのカウントダウン・・・
 1月 1日
(晴れ)
専用車でテアナウへ
入山手続き後、テアナウ・ダウンズから船に乗りトレッキング開始地点へ・・・
いよいよ、3泊4日全長55Kmにわたるトレッキングの開始。   
1日目 1.6Km(20分)  (グレードハウス泊)
 1月 2日
(晴れ)
グレードハウスからクリントン川沿いを進み、ヒレレハットで昼食、ポンポロナ小屋まで
16Km(6時間) (ポンポロナ小屋泊)
 1月 3日
(晴れ)
ミルフォードトラックハイライトのマッキノン峠越えの日
ポンポロナ小屋からミルフォードトラック最高地点マッキノン峠(1,154m)を経て、クィンティンロッジへ
15Km(約7時間) (クィンティンロッジ泊)
 1月 4日
(晴れ)
最終日
クィンティンロッジからダンブリング小屋を経てアーサー谷沿いに下り、最終地点、サンドフライ・ポイントへ
着後、船でミルフォードサウンドへ
ほとんど標高差なしの21Km(約7時間) (マイターピークロッジ泊)
 1月 5日
(曇り)

ミルフォードサウンドのフィヨルド観光   
バスでテアナウまで戻る。ここで現地ガイド付のトレッキングが終了。
夕方は自由行動。遊覧飛行にてダウトフルサウンドを空から。          
(セントラテアナウ泊)

 1月 6日
(晴れ)
専用車でクイーンズタウンへ       
3時間ほどの自由行動の後、国内線にてサザンアルプスの中心地マウントクックへ
スキープレーンにてマウントクック上空の遊覧飛行。
(ハミテージ泊)
 1月 7日
(晴れ)
マウントクック滞在       
フッカー・バレー・トレッキング 氷河湖までの往復約4時間
(ハミテージ泊)
10  1月 8日
(晴れ)
氷河湖ボートツアーにて氷山が浮かぶ湖をボート遊覧 
夕方マウントクック発、夜、北島のオークランドへ
いよいよ明日は日本に帰国(ノボテルオークランド泊)
11  1月 9日
(晴れ)
朝9:30の便にて日本へ・・・・
ダブルブッキングがあった?とかで、何と、機内はビジネスクラスだった。
席は広く、食事も豪華。
成田空港へ16:25着、成田エクスプレス〜特急あずさで懐かしの茅野市へ。

   

感想
3日に1日は雨が降る、夏でも雪が降る、と言われているフィヨルドランドのトレッキングコース。
(実際私たちの前の組は雪が降ったらしかった。)
それがただの一度も雪どころか雨も降らず、ハイライトのマッキノン峠越えの日が最高の快晴に恵まれ、また、マウント・クックでのトレッキングの日も最高の快晴・・・・と海外トレッキングデビューにして、最高のトレッキングをすることができました。
次の海外トレッキングがどこになるのかまだ未定ですが、10年のパスポートを1回で終わりにさせないように・・・・Mr.Perter様よろしくお願いします。

   

inserted by FC2 system